読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海野りんごの宝塚日記

宮崎在住のヅカオタ・海野りんごの趣味日記。宝塚・マンガ・小説・映画・ドラマ…物語を浴びるのがスキ!

星組礼真琴ちゃん「阿弖流為」 東上付き主演おめでとう!

おお!
スカピンの後の公演が発表されましたね。

注目すべきは、やはり礼真琴さん主演
ドラマシティ&(帰ってきた)日本青年館公演
阿弖流為 –ATERUI–」ですね。

「桜華に舞え」のキャラと言い、まこっちゃんは東北の漢なのかしら。
どうしても、日本史の知識的に、阿弖流為はダークヒーロー的な印象が強いのですが、
今回は阿弖流為が主役だからガラッと見え方も変わるんだろうなと思います。

坂上田村麻呂は誰が配されるでしょ?


1999年に講談社より刊行され、2000年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦氏の小説「火怨」を舞台化。8世紀、東北へと支配領域を拡大する大和朝廷蝦夷征伐に乗り出す中、故郷を守る為に立ち上がった蝦夷の若き指導者・阿弖流為は、仲間と力を合わせて朝廷軍を打ち破っていく。しかし勝利は更なる戦いを招き、やがて朝廷軍の切り札である坂上田村麻呂に征夷の命が下される。蝦夷の誇りを守るため戦う阿弖流為の生き様を、迫力に満ちた立ち回りを織り交ぜ、スペクタクルなミュージカル作品としてお届け致します。   
(引用:宝塚HP

このストーリーだと、ヒロインとのラブロマンスは少なめかなあ。
まこっちゃん主演だし、踊って歌って殺陣って…ってすごい見所ありな作品になりそう。8世紀って、どんな衣装なのかなあ…月雲の皇子みたいなかんじでしょうか。でも、蝦夷だからもっと土着的なやつよね!似合いそう!

このヒロインで、今後の娘役の婦人も分かるでしょうね。
予想としては、有沙瞳ちゃん、小桜ほのかちゃん、天彩峰里ちゃんっていうところかなあ。

 

紅ゆずるさん・綺咲愛里さんトップコンビは、
「オーム・シャンティ・オーム」の再演なのね。
再演なら、もう一回キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンが見たかったなあ~
(どっちにしろ、紅さんチームに七海ひろきさん入るだろうし…)

映像に残らないからこそ、もうっかいやる価値あるし、
ファンもトップになってもう一度ジュニアに会いたいと思うんですよね~