読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海野りんごの宝塚日記

宮崎在住のヅカオタ・海野りんごの趣味日記。宝塚・マンガ・小説・映画・ドラマ…物語を浴びるのがスキ!

花組瀬戸かずやバウ主演「アイラブアインシュタイン」 あきらおめでとう~~~~~~!!!

花組

わーーー!花組のバウ公演「アイラブアインシュタイン」が決定。しかも主演は、主演は、瀬戸かずや氏です!!嬉しい、嬉しすぎる。花担のみなさんおめでとう( ;∀;)

kageki.hankyu.co.jp

今の「リンカーン」での2番手役の評価も高いあきらさん。こうして生え抜きのスターが活躍するのは幸せ。努力をしていれば、道は開け、夢は叶う。もちろん、報われない努力もたくさんあるのでしょうが、こうしてしっかりチャンスが与えられる宝塚が私は好きです。

これは、二番手に鳳真由ちゃんを出して、花男のバディが見たいです。

それにしても、初主演作にて設定が「既婚者」というのがさすがのあきらさんだ。アンドロイドがヒロインというのも、設定から妄想を掻き立てる。古き好き少女漫画のかほりを感じますね。現在発表されているストーリーは、以下のとおり。(引用は上記公式HPより)

 

20世紀中盤、天才科学者アルバートが開発したアンドロイドは、人々の生活になくてはならないものになっていた。世俗の喧騒を逃れ隠遁生活を送るアルバートのもとに、ある日、エルザというアンドロイドが助けを求めにやって来る。働き口を奪われた人間達による反アンドロイドの機運が高まる中、人間と平和に共存する道を模索する為、自分たちにも感情を与えて欲しいというのだ。エルザに亡き妻ミレーヴァの面影を見たアルバートは、科学者仲間であるトーマスの力も借りつつ、エルザに感情を与えようと奮闘する。ひたむきで純粋なエルザに次第に惹かれていくアルバートだったが、エルザはどうしても「愛」の感情だけは理解することが出来なかった。愛とは何かと問われたアルバートは、ミレーヴァをどんな風に愛していたのか、どんな感情だったのかを伝えようとするが、何故かどうしても思い出せないのだった…。

うわー、私こういう設定すき。すでにあきらさんかっこいい。大人の男役でしか出せない「味」を感じられる作品になりますように!

 

新しい谷先生のデビュー作ということで、どんな作品なのかも楽しみデスね。どなたの下につくことが多かったのかしら。後で調べてみよ。