読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海野りんごの宝塚日記

宮崎在住のヅカオタ・海野りんごの趣味日記。宝塚・マンガ・小説・映画・ドラマ…物語を浴びるのがスキ!

雪組公演「私立探偵ケイレブ・ハント / Greatest HITS!」演目発表雑感

さてさて、先日2016年雪組大劇場公演の演目が発表されましたね。
「私立探偵ケイレブ・ハント / Greatest HITS!」

正塚先生の新作 ✕ 稲葉先生のショー作品とか、雪P仕事出来過ぎです。わたしなんやかんや言って正塚先生のお芝居好きだし(全体的に舞台照明暗いけど)、稲葉ショーは血沸き肉踊るんですよねールナロッサー!!


この演目発表について、個人的に思うことをまとめておきます。
(タイトル・あらすじだけのタイミングでいろいろ書くと、後で見返した時に恥ずかしいのは分かっております…笑)

探偵SAGIRI再来「私立探偵ケレイブ・ハント」

このタイトルでSAGIRIキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思った人多いのでは。だってどう見ても探偵SAGIRIですよね。ああ、ホタテマン帰って来てよ~という気持ちでいっぱいです。

現段階のストーリーを読んでみる。気になるところを太字にさせてもらいました。

舞台は20世紀半ばのロサンゼルス。探偵事務所の所長を務めるケイレブは、共同出資者である探偵仲間のジムやカズノと共に高級住宅街に住むセレブ達の浮気調査やトラブル対応に奔走する日々を送っていた。スタイリストとして働く恋人イヴォンヌとの関係も良好だったが、互いの生き方を尊重する二人は、新たな段階に踏み出す機会を見出せずにいた。そんなある日、行方不明となった娘アデルの捜索依頼にやって来たメキシコ人夫婦が直後に事故死するという事件が起きる。ケイレブは夫婦の願いに応える為、早速調査を開始。やがて、とある会員制の超高級クラブでアデルらしき女を発見するが、別の調査を進めていたジムとカズノが追う人物も、このクラブの関係者であることが判明する。果たしてそこは犯罪組織の隠れ蓑なのか。クラブのオーナーであるマクシミリアンと接触する為に彼の屋敷を訪れたケイレブは、そこで思いがけずイヴォンヌの姿を見かける…。 仲間達と力を合わせ敵に立ち向かうケイレブと、その身を案じながらも彼を支えるイヴォンヌとの大人の恋の行方を描くミュージカル。
(引用:宝塚歌劇)

 はい、「探偵の仲間たちは誰か」というてんと、「ちぎみゆの大人の恋の行方」に私が注目しているということが浮き彫りになりました。ちぎみゆはオフが公式すぎて、舞台ではあまり結ばれていないんですよね。しっかり大人の恋の駆け引きが見たいです。

だいもんはどの役だろう。黒幕的な人になるのか、それとも仲間なのか。しっかり仲間の役がみたいな~ホタテマンポジションでかわいい望海さんもいいですネ。

じっくりお芝居が楽しめる正塚芝居、楽しみです。オープニングがかっこいいだろうな!

 

グレイテストな雪組子の「Greatest HITS!」

 

稲葉先生が雪組にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!最近のショーでも、かなりの下級生までバンバン銀橋を渡り歌い「ショー力」がかなり高いと思う雪組。おもちゃ箱のようにいろいろな場面が飛び出す稲葉ショーでどのような化学反応が見られるのかが楽しみです。


雪組✕稲葉先生、調べたら稲葉先生の大劇場デビューである「Carnevale睡夢 」以来なんですね。うお、高まる期待。

 

 

人々の心を酔わせ、躍らせる名曲の数々で構成するショーグルーヴ。熱いエネルギーを放つソウルミュージックに乗せて繰り広げるプロローグに始まり、誰もが知っているクリスマスソングで綴るシーンなど、時に甘く、時に切なく、それぞれの時代に燦然と輝き、今なお愛され続ける数多の楽曲に乗せて、クールでありながらもホットそしてセクシーな魅力を持つ早霧せいな率いるグレイテストな雪組出演者が、煌めくハーモニーと情熱的なダンスをお届け致します。 (引用:宝塚歌劇)

 この解説文が「ほとんど何も決まっていないのでは」という状態なのがまたいいですね。グレイテストな曲ばかりということで、これは早くも差し替えが心配。クリスマスメドレーも楽しみだなあ…

それにしても、プレお披露目「伯爵令嬢」に始まり、現在公演中の「るろうに剣心」、そして夏の「ローマの休日」と雪組の演目充が羨ましい…。

そして全然「演目負け」しないちぎみゆはじめ雪組が凄い!そんなわけで、続報が楽しみです。彩凪翔ちゃん、大劇場復帰おめでとう!!まなはるなど代役のみなさま、おつかれさまでした!