読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海野りんごの宝塚日記

宮崎在住のヅカオタ・海野りんごの趣味日記。宝塚・マンガ・小説・映画・ドラマ…物語を浴びるのがスキ!

宙組全国ツアー公演「バレンシアの熱い花/HOT EYES!!」@鹿児島見てきました

宙組

おとなり鹿児島まで行って、見てきました宙全ツ!12/10(土)夜公演@宝山ホールです。

少しはやめに鹿児島入りして、天文館付近を散策していたのですが、西郷さんの銅像はあるわ、城山公園だわで、つい先月「桜華に舞え」ライビュで号泣していたのでどこ歩いても泣きそうでした。旦那と2人「ここらで、よか」と西郷さんのモノマネをひとしきりしました。

で、時間が余ったので宝山ホール2階のカフェで開演前にお茶をしていたのですが、昼公演の音漏れが聞こえる笑。コーヒーとケーキで休憩しながら、脳内でホッタイを一回上演して、いざ参戦です。

座席は10列目!宝山ホールはオケピがないのはもちろん、やたら舞台に近いので、10列目でも大劇場のSS席レベルの近さ。最前&2列目は、幻想の場面とかでダイレクトにスモークをもくもく浴びていて、ちょっと可愛そうなくらいでした。

 

バレンシアの熱い花 感想

 

ストーリーをだいたい知ってはいたものの、しっかり通しで見たのは始めて。
まず、幕開きの3人シルエットが綺麗すぎてこの時点で成功を確信する。
そこからのプロローグも最高ですね。柴田作品!!って感じがします。

この作品、再演物なのですが、そうとは思えないほどのキャスティングの妙。それぞれ宛てがきじゃないの?と思うくらい。パワーバランスも含め、随所がしっくり来る作品も珍しいんじゃないかな。

 朝夏まなとさん@フェルナンド

足が長かった。イサベラに恋する瞳、マルガリータに申し訳無さを感じる背中、やっぱり「芝居の人」なんだなあと。ラストシーン「私のイサベラも、死んだ…」では大粒のナミダ。真面目に話を追っていると、フェルナンドってひどい男なんだけど、それを”アリ”にしてしまうのがまあ様のまあ様力ですよね。あと、3人組が「黒い天使とでも呼んでもらおうか」と名乗るシーン、あとで旦那が「いや、あの名前は”厨二病…アイタタタと思った”」と爆笑していました。たしかにね…、男には、そういうハンドルネームを付けたくなる時期があるんだわね。

 真風涼帆さん@ラモン


いやー下町の青年が似合う!お人柄もあるんでしょう、あったかいラモンだった。貧乏だけど、絶対幸せにしてくれそう。うちの主人は真風くんびいきで、役としての登場シーン(うらら様と幕前でポーズ)で興奮して、オペラを除きながら私の膝を叩いてきた。乙女か…。まっかぜーもお芝居の”間”が抜群に良い!最後まで報われないラモンかもしれないけれど、だからこその優しさ、あったかさ、イサベラへの深い愛を感じました。

澄輝さやとさん@ロドリーゴ


THE ロイヤル隊長!貴族として全く違和感ない。眉間の皺に挟まりたい。まっすぐ故に、引き返せなかった切ない恋が泣ける。シルヴィアと幸せになってほしかったなあ…。あっきーは本当に貴族の役がお似合い。オフの姿とうらはらに(?)、硬質で、端正で、真面目な魅力が満ち溢れているからでしょうか。これからもずっと宮廷服を着て欲しいジェンヌNo1です。

伶美うららさん@イサベラ


うらら嬢のお芝居が私はとっても好きで。美しいのは言うまでもなく、セリフや表情に”役としての情感”がのっているというか。うららが笑うと世界は笑うし、うららが泣くと世界も泣く。野々すみ花ちゃんのような、そんな心に染み入るお芝居だなあと今回も感心しました。圧倒的美しさは、まあ様が恋に落ちる相手として説得力がありすぎるし。そして、美人だけどそれを鼻にかけてなくって、自分の立場も分かっていて、だからこそ圧倒的に”イイ女”なんですよねー。泣ける―。最後のシーン、ショールが全て落ちて壁に泣き縋る姿、見ているこちらも苦しかった。うらら嬢は、間違いなくヒロイン役者だと思います。

 星風まどかさん@マルガリータ


かわいいかわいいマルガリータ。私がフェルナンドなら、帰ってきて再開したらもう離さないけどな…こんな子がお嫁に来たら嬉しいよね、せーこさん。マルガリータはいい子なんだよ。いじらしくて一途で。だからマルガリータを悲しませたり我慢させたりするフェルナンドの心情が分からないや、となってしまった。出番こそ少ないけれど、それだけで「こんな可愛い婚約者がありながら!」と思わずにはいられないまどかたんもさすが。きちんと、フェルナンドが幸せにしてくれますように。

遥羽ららさん@シルヴィア


この配役で一番しっくりしていたとおもう。ららたんは、キュートでプリチーで可愛い、と認識していたのですが、悩める人妻役がこんなに似合うなんて!濡れたような震える声とか、声に出さずとも眉だけで伝わる苦悩とか、葛藤とか、愛とか、すべてが魅力的だった。柴田作品のヒロイン(というより、よろめく女性枠、悲劇枠)として最強じゃなかろうか。もし今回の全ツが「仮面のロマネスク」だったら、トゥールベル布陣は間違いなくららちゃん。メルトゥイユうらら様、セシルまどかたんと娘役はバッチリだな。ヴァルモンまあ様も似合いすぎだけど、他がちょっともったいなくなってしまうかな…と、他の役も見たい!と思わずにはいられない、一番感動した配役でした。

華妃まいあさん@ローラ


どうしても触れておきたいローラ。まっかぜーの妹役。スタイルが良くて美人。可愛い…。私、華妃まいあちゃんのスタイルの良さが好きで、ついつい目で追っちゃうんです。今回は大きな役もついて、それが上手で感動した…。表情がキュートで目が話せないんですよね。この妹なら、お兄ちゃんはタジタジだよねっていう妹感が良かった。キップの切り方もカッコイイ。話の流れとは言え、打たれるのが許せぬ…。まいあたんは、幻想の歌手も良かったなあ…歌えて、スタイルよくって、踊れて、お芝居もできる!新人公演ヒロイン、楽しみにしてます。


他にも他にも、魅力的なキャストがたくさん。メイン以外の娘役はちょっと勿体無い使われ方していたけど(瀬音リサちゃんとか、彩花まりちゃんとか)、フラメンコを踊る宙娘がいろっぽかっこよかったから我慢します。あと、まっぷーのレオン将軍が良かった。シェイクスピア以降、ぐぐっと宙組専科枠として腕を上げたよね。

 

ホッタイ覚え書き

 

あーホッタイも書きたい!けど長くなったので一旦終わり。
ホッタイの見どころだけ忘れないうちに箇条書きしておく

・まあ様は早急にコンサートをすべき
・客席の後ろまで走っていく体力
・客電が明るい会場だったので、後方席のサラリーマンらしき男性がまあ様に完全に堕ちている表情が見て取れた
・プロローグあと、愛ちゃんのはべらかし場面を担当していたのがりく君で、泣いた
・レオン将軍がダルマを着ている
・華妃まいあちゃんスタイルいいなあ
・よりやばい方向に演出が変わっているダークアイズ(目が足りない)
・中詰め、コーラスしながら踊り狂うまっぷー&アリサちゃん
・まどかたんの「天使のウインク」が天使すぎる
・うらら様の圧倒的真ん中力
・中詰めはおなじみの曲なので盛り上がるね!
・体感5分
・まあ様の相手役はまっかぜーだった
そして、絶えられずにHOT EYESのBlu-rayを見てしまってます。全ツ版もはよ欲しい!


 

宙組エリザベート 爬虫類トート閣下と生きたハプスブルクの亡霊たち

2016年7月23日ソワレ観劇。
ルドルフは桜木みなとさん。

良いとは分かっていましたが、想像以上。メインキャストみな歌えるし、歌上手くなっているし、音に感情が乗っているし、何よりコーラスの音の圧。こちらも物語の一部になる、そんな感覚でした。

なんといっても、まなトート。爬虫類みたい。低温で、音もなく現れて・・・基本的に存在感が無、というか「私の後ろにもいるかもしれない」という存在感。怖かった。一人称「オレ」が似合いすぎ。静かなのにお芝居が丁寧で、考えていることが手にわかるよう。なにより、お美しゅうござった。

みりおん。歌唱面、歴代随一では?私だけに、自由への渇望がどこまでも伸びる声に乗っていて。涙出てきたよ。基本的に頑ななのに、トートの前でだけ素の苦悩や弱さが出るのが良い。

一旦休憩、どこ切っても良かったので終わりそうに無いです。笑

七海ひろき主演「燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-」の文字に泣く

雪組

七海ひろき単独主演おめでとう!!!!!!!!!!
ビックリマーク、つけたりません。

 

kageki.hankyu.co.jp

 

まさかの宙組星組組替えから、
いろいろあってのバウ単独主演。
めでたいなんてもんじゃない。

ブリドリネクストも再開して
(そもそもブリドリ&ブリドリネクストの重複は良いのか)
来年1月の予定も出て、
これまでの努力がここに来て一気に開花しているかいちゃん。

いくら遅咲きと言われようと、
その分の重みは今の星組に無いもの。
宙組でのんびり成長した個性が、必要と認められた証。

大好きな人が大好きな場所でしっかりと成果を残す。
こんな嬉しい話って無いですよ。

主演…七海ひろき

この文字を見ていたら自然に涙が出てくる。
竹中半兵衛、ビジュアルの作りこみが楽しみ。

嬉しすぎてスカピンが霞むよ(ほぼ決定事項みたいな感じだったし)
この勢いに乗って、スカピンでショーブラン!希望。
外箱公演の2番手作品、TOPHAT も キャッチミーも、
助演男優賞ものの活躍だったけど、どっちも憎めないおじさまキャラなんだもの。
ここいらで黒い役にも挑戦して欲しい。

嬉しすぎて、頭回っていません。
ここからもっと快進撃が始まると、信じてる!

とりあえず、WMW再生はじめました。
くうーーー泣けるぜ!

星組新トップ 紅ゆずる&綺咲愛里決定おめでとう!お披露目インド映画お似合いすぎる

星組

星組新トップコンビに、
紅ゆずるさん&綺咲愛里さんが決定!
ほとんど知っていたけど、おめでとうございます♡

生え抜きのトップコンビって、珍しいですね。
ザ・星組!という形で、おめでたや~。

そしておめでたや~といえば、
プレお披露目公演。
「オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」

kageki.hankyu.co.jp

小柳 奈穂子せんせーでインド映画。
宝塚で初めて見たよ”マサラミュージカル”。
歌えや踊れやインド映画って、よく考えたら宝塚と親和性高いよね。
しかも、小顔なさゆみさんはターバン超似合いそう。
そしてあーちゃんが生腹かな((((;゚Д゚))))
インド映画のきらびやかなお衣装、似合いそうだな~

明るいインド映画のイメージは、紅ゆずるさん率いる星組にピッタリで、
プロデューサーさんとなーこたんに感謝感謝です。

個人的には、バウ+αの別箱公演がどうなるのかが気になる。
礼真琴つぁんは2作やってるから無いだろうし、
そろそろ七海ひろき氏に主演してほしいけれど
ヒロインと結婚しているプロデューサー役でターバンかぶって欲しいし
(フェニタカとかルナロッサ見ても分かる通り、すっごくターバン似合うのだもの)
何だか大幅な組替えの予感もするし…
さーてどうなるやら。

続報がきになりすぎる。
でも、一つだけ言いたいのは、
プレお披露目は東京だけじゃなくて関西でもやってほしいな~~
紅ゆずるさんの地元だし。インド映画と関西のノリの融合が見たいし!
ラブドリの時みたいな奇跡が起きますよ~に!

来年1月、大劇場は月組たまきちお披露目だし、
めでためでたやですね!
輪廻だか輪舞曲だか、ぐーるぐる103周年。

宙組 博多座「王家に捧ぐ歌」見てきた!

宙組
2016年5月22日マチネ 2階上手側
大劇場版とは全然雰囲気が違う。人数の少なさが分かんない。コーラスが厚い。すごい。光ってやがる。泣く。

主演ふたりは、前作からパワーアップしてた。より心情が歌に乗っているというか・・・まあ様ちょっと喉が心配。でも押し切るのがさすが。

エチオピアと戦うところ、ストップモーションの中まあ様が歩いていくの、こっちの演出の方が孤独が対比されて好きだな。宙組子の全力の死に芸に涙。国宝級や。

地下牢、銀橋が無い分、暗闇が強調されてより辛かった。

アムネリス様!歌綺麗、少女性があってわたし一番泣かされた。うらら様が生まれながらの王女だったのに対し、しー様のは、普通の少女が、恋する少女がファラオになっていった。だからファラオ宣言の覚悟で泣かずにいられなかった。一番共感した。

3人のハーモニーが美しい。ナイルの流れのように、ほんとに音の洪水だったもの。

ずんちゃんウバルド!めちゃよい!!ナウオンで「すべった話」してた末っ子感溢れるずんちゃんと思えない。歌もいいし、真風さんとは違った、若さゆえの猪突猛進を感じた。兄、というよりアイーダと対等。双子。一幕ラスト、お父様の命を奪わないでと立ち向かうアイーダの前に立ちはだかる兄ちゃんにめちゃキュンとした・・・ 
余談ですが、このシーンずっとりくくん顔で憎しみを表し続けてて見入ってしまった。人数半分なのに目が足りない・・・

エチオピア3人よかったなあ・・・カマンテ感情ほとばしってたし、サウフェ歌うますぎ。優しさが溢れてた。

金ピカあっきーも素敵よ!ラダメスとの盟友感強い。瑠風くんも押し出し良い。あっきー階段一人おりに泣いたし・・・

だめだ、語りきらない!飛行機の時間だ!宙組好きだーーエリザ楽しみ!


そして今日は佐賀デイということで、入場時に佐賀土産をもらう。ラッキー!そしてまあ様の愛されぶりが伝わる。全国ツアー佐賀凱旋、さぞ盛り上がるであろ。

やっぱり博多座好き!
ロビーも楽しいし、商魂たくましいし、座り心地もいいし、綺麗だし、上の方・後の方でもよく見えるし。また来よう!と強く心に誓ったのでした。

星条海斗さんバウ「FALSTAFF」面白そう!マギーさんおめでとう( ;∀;)

月組 宙組

専科のマギーさんこと星条海斗さんの主演が決定!おめでとうございますっ!!

kageki.hankyu.co.jp

 

最近退団者が辛いから、いろいろ考えてしまうけど、専科に行ったスターさんがこうして真ん中の役が見られるのは嬉しすぎる。

しかも、暁千星ちゃんロミオと美園さくらちゃんジュリエットを率いてのコメディって、文字面だけで楽しいし、かなり見たい。

メリー・ウィドウでみっちゃんのアドリブにたじたじしていたアリちゃんが懐かしいな…笑

お正月からずっとシェイクスピア漬けの宙担にとって、この題材は羨ましすぎる。きっとお話の後ろでまあ様ウィルと一座の皆さんがちらついちゃう。

これは、3人芝居なのかな?それとも組回りとか下級生がコーラスで出るかな?なんにせよ、抱腹絶倒、予測不能、ハイクオリティの楽しい作品になること間違い無し!

べにかいで「宝塚巴里祭2016」

星組

宝塚巴里祭2016が発表されましたね。

主演・紅ゆずる、

出演・七海ひろき、天寿光希、音波みのり、愛水せれ奈、夢妃杏瑠、十碧れいや、天華えま、小桜ほのか

 

kageki.hankyu.co.jp

 

しかも構成・演出石田先生。

 

すごい、にぎやかな、巴里祭だな。べにかいで巴里祭。考えたこともなかった。予想外過ぎて言葉が出ない。あー、かいちゃん…。かいちゃんと夢妃杏瑠ちゃんがずっと一緒だな…ということしか思いつかない。

かいちゃんに、ミッキーに、はるこちゃんに、あんるちゃんに…星組が一番疎い私にとっても、みんな分かるメンバーばかりで楽しい巴里祭。かいちゃんが真ん中でも見たかったな、巴里祭。これは言っても詮無いことだけど、つい出ちゃう…。

それにしても、星組さんは過去最大級にお歌漬けの夏ね!

89期担としては、しーらんのイゾベッラコンサートも嬉しいです。おめでとう!

やー、ダーイシの巴里祭楽しみになってきた。よく見たら、阪急私の誕生日なんだけど。行ったらダメかな…良いかな…チケット降ってこないかな…